都間 康介1995年入社/営業部 部長

私にとってお客さまは「同じ会社の仲間」

大学を卒業してすぐに入社したのが、開業前のデ・マッセでした。
もちろん会社自体ゼロからのスタートですので、何をするにも初めての経験で、仕事を教えてくれる先輩も上司もいない状況でした。
そんな中、私たちを育ててくださったのはお客さまです。接客の仕方から、サービスの内容や店舗の設備にいたるまで様々なアドバイスをいただき、それを改善した結果が今のデ・マッセです。
ですので「自分たちの手で作ってきた会社だ!」と自信をもって言えないのが正直なところですかね(笑)
不思議な感覚ではありますが、私にとってお客さまは「同じ会社の仲間」と感じています。

私は必ず「お客さまの顔を想像」します

仕事内容が変わったこともあり、直接お客さまと顔を合わせる時間も減ってきているのですが、私は必ず「お客さまの顔を想像」します。
会社運営において行う全ての活動は"お客さま"につながっています。だからこそ、一つひとつの仕事にお客さまの顔を想像しなければなりません。
笑顔なのか、怒られるのか、困っておられるのか・・。
仕事の大きい小さいに関係なく、お客さまの顔を想像しないで取った行動や決断に会社としての意味はありません。
私たちはお客さまに育てられ、大きくなってきたのです。

魅力のある企業にしたい思っています

人生の中で本当にやりたいことが見つかったのなら、私はそれをやるべきだと思っています。ですので当社の社員にも「やりたいことがみつかったら拍手で送りだすよ」というも伝えています(社長に怒られますね)。
使い古された言葉かもしれませんが、夢や目標があるから人生は輝きます。
スタッフ一人ひとりが輝いている企業もまた輝きます。私はデ・マッセをそんな魅力のある企業にしたいと思っています。

Entry/新卒採用 Entry/アルバイト・パート